事業紹介

太陽光発電事業

Solar Power business

一歩先を行く再生エネルギーを。

再生エネルギーが社会で注目されるきっかけとなった東日本大震災。当社はそれ以前より再生エネルギーの価値に着目しており、メガソーラーの企画・提案・建設・保守メンテナンスを推進。東日本大震災以降も、世の中に必要な再生エネルギーの在り方を追求しています。近年は、カーポート型ソーラーシステムや、BCP対策を目的とした蓄電池併用型ソーラーシステムなど、新しい兆しも出てきました。これからも社会の変化に伴い、再生エネルギーへのご要望、果たすべき役割は変化するでしょう。一つひとつのニーズに応えると同時に、一歩先を行く再生エネルギーを研究し続けます。

4つの特徴

柔軟な
プランニング。

当社は、国内外にある多くの太陽光発電関連メーカーと直取引を行っています。お客さまのご計画に合った最適な発電所をご提供します。システム、規模、コストなど、さまざまな要望に応えることが可能です。「要望に見合う提案を得られない」とお悩みのお客さまは、お気軽にご相談ください。

大規模な
システムも。

ハイレベルのメガソーラーシステムの提案、設計、設置だけでなく、申請業務についても数多くの実績がある当社。どんなに大規模な太陽光発電所建設についても、柔軟にお応えします。

ソーラーカーポート
システム。

独自のソーラーカーポートシステムを商品化している当社。駐車場の敷地を有効活用し、再生エネルギーの創出における新しい在り方を創造しています。限られた土地を有効活用する点に魅力を感じ、問い合わせをくださるお客さまは全国に多数。当社社長命名の「ミドルソーラー」の領域を開拓しています。

蓄電池併用型
ソーラーシステム。

地震や火災など有事の際においても通信が途切れず、迅速な救助を実現できるように企画・設計したソーラーシステムです。地域の安全を守るBCP対策を目的に、設置を望む声は各地で増加中。BCP対策のひとつとして大変注目されています。

大規模太陽光発電所建設

大規模太陽光発電所建設

特徴

太陽光を得られる日中は常に発電し続け、大容量の電力を供給。太陽光がない夜間、発電量が使用量に満たない場合は、電力会社から電力を購入できます。使用量を上回る余剰発電電力は電力会社への売却が可能です。当社は、工場、空港、病院、ビルをはじめとした大型施設に大規模太陽光発電所を施工・メンテナンスする点において多くの実績を持っています。

導入のメリット

  • 余っていた土地を活用し、大容量の電気を得られる。
  • 月々の電気代を永続的に節約することが可能。
  • 土地活用を目的とした活用も可能。固定資産税などの節税にもなる。

ソーラーカーポートシステム

ソーラーカーポートシステム

特徴

駐車場にソーラーシステムを搭載した屋根を設置することで、発電施設として活用できます。設計によっては電気自動車の給電、自動販売機などの電源を目的に利用することも可能です。また、駐車場の照明や構内照明設備の電源として用いるなど、多種多様なメリットがあります。災害時には、ソーラーカーポートを屋根にした緊急の簡易住居としての利用も可能です。

導入のメリット

  • 災害など非常事態が発生したときも、自立運転して電力供給が可能。
  • 電力の売却なども可能。新たな収入源の創出につながる。
  • 小さいスペースで設置が可能。

蓄電池併用型ソーラーシステム

蓄電池併用型ソーラーシステム

特徴

通常は系統連系型システムとして、太陽光エネルギーと電力会社からの電力を併用して使用します。災害による停電などが発生したら、太陽光エネルギーを特定の設備に供給。太陽光を得られない夜間、発電量が使用量に満たない場合などは、蓄電設備に備えている電力を供給します。有事の際でも地域が電気を活用できるなど、災害対策にも最適です。

導入のメリット

  • 小さいスペースで電力を安定的に供給できる。
  • 災害などが発生したときに電力が供給される。
  • CSRの一環として活用することが可能。